医療技術と放射能。医者に判断される両天秤

今回は医療の話ですが、放射能の観点から詳しく書いてみようと思います。まず、がんのリスクについて。あなたが、医療機関に行ったとします。そして、診断を受けた結果、がんと言われてしまいました。そして、医者に聞いてみたところ、原因は分からないと言われてしまいました。そうなのです。分からないのです。現在の医療技術は、相当程度進歩しました。現在の平均寿命は80歳を超えており、少なからず医療技術が役に立っていることは、間違いないと思います。しかし、さすがの医療技術をもってしても、それが放射性セシウムによるものなのか、それとも放射能が大量に漏れてしまいましたが、漏れる前の何らかの要因、すなわち放射性セシウム以外の理由によるものなのかは、分からないのです。したがって、医療機関に行ったところで、全てが解決するかというと、そうとは言い切れないので注意が必要です。しかし、放射能が絶対に悪いかというと、そうとも言い切れません。みなさんは、医療機関にてレントゲンを撮影したことは、当然あると思います。そして、レントゲンからは、やはり被ばくをすることになります。しかし、医者としては、患者にとってはレントゲンに被ばくさせるリスクはあるものの、最終的な結果としては、やはり病気を治すことが優先順位が高いという判断をしているのです。リスクをコントロールするという言い方もできると思います。なので、医療技術は実に複雑な要素が絡み、放射能ももっと複雑だと私は思います。

浮気調査 夫

訪問マッサージ 平野区

上杉守

不用品処分 西宮

相模原 レンタカー